乳酸菌のいいところを紹介します





娘のインフルエンザの予防注射に出かけました。私は注射の瞬間は怖くて目をそらすのに、6歳ながら、注射の針を視認して注射針を注入されています。予防接種終了後は怖い!と伝えていました。見ているからさらに怖いんじゃないかな?と推測しましたが、何も言うことができませんでした。今、インフルエンザの感染がわかると学校などには、5日間出席できなくなります。もし、インフルエンザに感染してしまっても、発熱の症状は2、3日で治まりますので、登校しようと思ってしまうかも知れません。たとえ熱が下がっても、体の中にはにウィルスが含まれており、うつしてしまう場合があります。なので、出席停止の間はを家にいることが感染を防ぐのに必要なことです。ヨーグルトは便秘によく効くといわれますが、私の経験によると、たくさん食べないと、効果がないような気がします。毎日1パック位食べて、お通じがやっとあるという感じです。ヨーグルト好きはいいですが、抵抗がある人も、ジャムで味を変えたりしてなるべく食べるようにするといいかも知れません。花粉症になって以来、ビフィズス菌ドリンクを摂るようにしました。二年前より花粉症となってしまって、鼻水(水っぽい鼻汁をいいます)とくしゃみがやまなくなりました。お薬を飲向ことは気が引けたので、テレビにて紹介していた乳酸菌飲料を試用してみました。今の段階では、これで花粉症はだいぶましになってます。便が出なくなると、体に不要なものが体外に出ないため、口臭の原因となります。どれだけご飯のたびに歯磨きをして、歯のすきまの掃除、洗浄液などで口内をきれいにしても、口臭は腸から胃を伝わって不要なものを出そうとし、口臭を引き起こします。こういう状態の時、便秘が改善されると、口の臭いも自然と亡くなると言われています。近年は毎年のように冬になればインフルエンザが大流行しています。年々予防注射で予防する人も増加していきていますが、都市部ではすさまじくの人数が発症しています。感染経路は多種多様だと思いますが、公共交通機関や街中、職場など、大人数と触れる場所で感染をしているのだと思います。母は深刻なアトピーです。どうやら遺伝していたみたいで。私もアトピーを発症しました。肌がボロボロになってしまって、毎日保湿を欠かすことができません。スキンケアをきちんとしないと、何もままならないです。母のせいではないですが、私の子ともに遺伝してしまったらと思うと、恐ろしくなります。普段の運動量(運動しているからとつい食べ過ぎていると、いつまで経っても痩せません)が足りないと筋肉が衰えるだけでなく、体調にも影響を及ぼします。もっとも女性に多く見られるのは、便秘症状です。他お手場、通勤時にエレベーターをやめて階段を使用したり、ご飯の時に食物繊維(たくさんの種類があり、それぞれ異なる作用を持ちます)を多く含んだ食品を増やしたりするのが一番です。更に望めば、便秘を予防する意味でも、、週に1、2回は歩いたり、好きな運動をして体を動かすのがおすすめです。アトピーにいいと言われている入浴剤をサンプルで貰い受けました。あらゆるものがそうですが、少しだけ使ってみないと効果が分からないものです。その入浴剤は皮膚によく馴染んで、自分に合う感じでした。刺激も感じませんし、皮膚がつっぱる事もなくて、非常にしっとりします。酵素といえば思い浮かぶのはカルピスと言えるでしょう。幼いころから、毎日楽しんでいました。どうしてかというと善玉菌が入っているからです。お母さんが毎朝、私に飲ませてくれました。そのワケで、私は便秘の経験がないのです。きっと、カルピスを飲みつづけていたので大変健康になりました。






トラブルに注意